読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心は我が家。

我が家を中心に据えた世界の話。つまり日常生活。

ここから出掛けて、ここへ帰る。
ここで夢見て、ここで振り返る。
いつだって、世界は居心地の良い家を中心に回ってる。




【美登利寿司@銀座】新年の抱負は寿司を食べながら。

 

もう何年目になるかな。5年目くらい?

婚活時代を共に楽しんだ友人と、年末に美登利寿司銀座店に赴き、

熱燗と寿司を楽しみながら過ぎ行く一年を振り返り、来る一年への抱負を語る会、

というのをやっています。

 

2016年暮れは我が家の引っ越しもあってドタバタとして時間が取れなかったので、

年が明けてから改めて行って参りました。

今年も安定の混雑具合。

特に最近は外国人のお客さんが多い。

18時の終業と同時にWebで順番待ち登録した時点で54番目。

私たちがお店に着くころには総数は70を超えて、

結局1時間くらいまってようやく入店できました。

 

熱燗を各1合と、お刺身2点、鮟肝ポン酢、そしてお勧め牡蠣グラタン。

 

f:id:stay-inspired:20170201124436j:plain

 

今まさに、熱燗で始めようとしているテーブルになぜ、

最初の一品として牡蠣グラタンを持ってくるかなー。

その辺も考えて提供してくれたら最高なのに。

まぁ、食べたけどね。

おすすめの品でしたが、私はお勧めしません。

まず、ホワイトソースがとっぷり乗りすぎてるし、牡蠣と全然あいまってないから、

これグラタンって言うか、牡蠣のホワイトソース乗せ。という感じ。

ホワイトソースをやっつけない事には牡蠣まで到達できないし、

やっと箸が牡蠣に到達した時には舌が牡蠣を恋しがっちゃって、

ホワイトソースと一緒に食べる気分じゃなくなってる。

むしろ牡蠣だけで食べたい気分になっちゃってる。

普通に牡蠣を頼めば良かった・・・。

 

 

f:id:stay-inspired:20170201124442j:plain

 

鮟肝ポン酢ー。

3点ポン酢なるものもあったんですが、やっぱ鮟肝を堪能したいので鮟肝ポン酢をチョイス。

大正解。

うまいー。

まぁもともと好きだったけど、今年は殊更にコレが旨かった。

なんだろう、私の舌がまた一段と大人になったのかしら・・・?

あぁ、それにしても、今年も鮟鱇鍋を食べに行きたい・・・。

 

 

f:id:stay-inspired:20170201124455j:plain

 

ぶりのお刺身。

ぶり大好き!もうこれは当然うまい!!

 

 

f:id:stay-inspired:20170201124458j:plain

 

ヒカリモノ大好きな私たち。

刺身にもやっぱりヒカリモノは入れていきたい。

穂紫蘇をね、醤油皿の上で箸でしごいている時って、

なんか自分がすっごく大人になった気分がするのは私だけ?笑

気分だけじゃなく、味も大満足でした。

 

と、4点食べつつ日本酒を2合。

割とお腹は満足していたけど、メニュー見てるとねー、つい頼みたくなっちゃって。

頼んでしまったこちら。

 

 

f:id:stay-inspired:20170201124501j:plain

 

今更数えたけど9貫プラス巻物!

いやはや、太るわけだよ。。

 

 

んで、肝心の新年の抱負ですが、なんか結局それほど話さずに終わりました。笑

というのも隣の席に座った上海からのご夫婦と話が弾んでしまって、

あれこれと話していたら閉店時間になってしまったので。

 

なんだか年々、話主体から寿司主体になりつつこの会合。

婚活時代は、お互いの目標が同じだったので、

自ずと課題も評価基準も似てきて分かりやすかったけれど、

めでたく結果を結んでそれぞれに妻となった今は、

少しずつそれぞれの目標が生まれて、

何もかもを以前と同じ熱で共有するっていうのは難しくなりつつある。

そんな私たちを、少なくとも年に一度は結び付けてくれるのが美登利寿司なわけで、

またいつか、ひとつの何かを同じ温度で語りあう日が来るまでは、

この会合はそれぞれの話を肴に、寿司を楽しむ会、ということにしておこう。