読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心は我が家。

我が家を中心に据えた世界の話。つまり日常生活。

ここから出掛けて、ここへ帰る。
ここで夢見て、ここで振り返る。
いつだって、世界は居心地の良い家を中心に回ってる。




入居前準備②

 

気付くとつるっと日が過ぎます。

 

私たち夫婦(というか主に私)は、じっとしているのが苦手なので、

数週間に一度はお出かけしないとやってられません。

でもさすがにこの数か月はお出かけどころじゃなく、転居関連のあれこれに追われていました。

ストレス溜まるかと思ったけど意外と平気。

やっぱ人間、前向きなことにはストレスを感じ辛いんだなー。

 

で、先日、楽しみに待っていたオーダー家具の納品日でした!

 

その中からー、食器棚&リビングをお見せしちゃいます。

見たい人いるか分からんけどー 笑

(他に書斎の吊戸棚&デスクもオーダーしたけど写真がどうしても上手く撮れない…)

 

まずは、私(主婦)の城、食器棚!

 

f:id:stay-inspired:20161226171345j:plain

 

どーん。

 

美しいー♪

 

面材は備え付けのシステムキッチンにあわせてもらい、

更に、天板も贅沢にシステムキッチンに併せて御影石に!!

予め新調購入した冷蔵庫のサイズに合わせて作って頂いたので、ぴったりです。

 

撮影テクの問題で全体像が見えてないんですが、↓のような感じです。

 ・炊飯器収納(中にコンセントがあって、炊飯時は引き出せるようになっている)

 ・炊飯器収納と同じサイズの可動棚収納1枚

 ・横長引出2杯、深め引出2杯

 ・根菜引出1杯(根菜用に、空気穴が付いているのです)

 ・ゴミ箱引出1杯

 ・可動棚の吊戸棚4枚

 

こういうのの単位って何って言うのか不明なんで、ホント分かり辛いんですが、

一口で言うと収納たっぷりです。(一言すぎ)

私としては、ごみ箱収納と根菜引出を入れて貰えたのが最高です。

 

 

続いて!

収納力抜群かつ、デザインも大満足のリビング収納!

 

f:id:stay-inspired:20161226172022j:plain

 

どどーん。

 

かっこいいー。大人ー!!って、納品時に見て感激しました。

この壁面、横はおおよそ4mです。

左の2mはカウンター式収納(奥行はハリにあわせて35cmくらいかな?)、

右の2mはテレビ台と見せる収納とさらに吊戸棚(奥行は45cmくらい)、

という豪華仕様!

写真じゃ分かり辛いんですが、黒とこげ茶色の木目調です。

面材を選ぶときにうるさいかなー、もっと木目が地味なのにしようかなーって

散々迷ったんですが、結果として、これで大正解でした!

全然うるさくない。

更に、こんなに大きなものを壁に付けたら圧迫感が凄いのでは、と心配したのですが、

不思議なことに、これがある方が部屋が広く見えるようになりました。

 

後日朝日の中でみたらこんな具合でした。

 

f:id:stay-inspired:20161226171951j:plain

 

燦々と入る朝日は東向きの成せる業。

ご覧頂きたいのはテレビ台の上の吊戸棚部分。

ハリにあわせてカットしてあり、中の収納スペースもハリにあわせて最上部だけ浅くなっています。

 

新居に壁面収納を、と思いついてから、家具屋さんに既製品を見に行ったりもしたんです。

正直、既製品でもゴージャスなのはあるし、同じようなサイズ感でも安かったりするんですが、このぴったり感はオーダーじゃないと出せないよなぁというのがオーダーの決め手に。

 

贅沢なんですけどね。ホント我が家にとったら大層な出費なんですけどね。

 

でも、新婚3年間で、

「もったいないから。」

という理由で安いものをチョイスすると、大抵質が悪いか気に食わないかで、

後々買い替えてしまって、余計に出費がかさむことばかりだったんですよ、我々・・・。

 

その学びから今回は、

 ・転居後に思い切るには躊躇する価格のものは思い切って転居時に買ってしまう。

 ・長く使う大物家具は良いものを思い切って買ってしまう。

という思い切りの覚悟を決めて臨みました(私が。多分オットは違うwww)。

 

この覚悟、ホント決めて良かったです。

だって、一生に一度かもしれないお買物ですし、

何より、毎日シアワセだなーって思うような空間で暮らしたいから、

毎日の食を整えるキッチンと、毎日夫婦で団らんするリビングがこうして仕上がった今、

満足しかありません。

 

 

さて、いよいよ転居です!!