世界の中心は我が家。

我が家を中心に据えた世界の話。つまり日常生活。

ここから出掛けて、ここへ帰る。
ここで夢見て、ここで振り返る。
いつだって、世界は居心地の良い家を中心に回ってる。




【DESTINO・DUE @ 志木】味は確かなご近所イタリアン

 

志木駅東口から徒歩2分くらいのところにあるイタリアン。

1Fがお弁当屋さんになっているビルの2Fに入ってます。

 

イタリアンのお店にありがちな、イタリア国旗の看板がここにも掲示されてるんですが、

この看板って結構街中で見かけるもので、なんというかこう、、、

ファストフード店とか、ファミレスとか、そういうイメージを喚起してしまって、

今まで特に行ってみる気にならなかったんですが、

夕食難民になりそうだった日に意を決して行ってみました。

 

お店に入ったのが平日の19時半くらい。

テーブルが全部で10席ほど。

2面半が窓なのだけど、そこが装飾されていて外はほとんど見えず。

(まぁ見えてもパチンコ屋の電光掲示板だと思うし・・・)

入り口近くに配置された蚊取りマット?が見えちゃって、

ちょっとだけ惜しかった・・・

 

お客さんはその時点で私たちだけでした。

オットが

「志木の夜は遅いから・・・」

とつぶやいたのですが、その通りその後数組が入店されました。

確かに、仕事帰りに来ようと思ったら都心から距離がある志木での夜の始まりは遅いですな。

 

さて、お店。

厨房には男性シェフがおひとり、フロアにはきちんとした印象の若い女性が一人。

テーブルには、

「事情により一人で料理を作る日があるので提供が遅い場合があります」

のお断りカードが置いてありましたので、ちょっと人手不足なのかな?

 

メニューにはコースもあったのですが、私たちはアラカルトで注文しました。

 

 

f:id:stay-inspired:20170823094334j:plain

前菜盛り合わせ

お客さんが少ないこともあってかすぐにサーブされました。

食べてすぐに、「あれ?」って思いました。

「あれ?ここ美味しいな!」って。

 

 

 

f:id:stay-inspired:20170823094654j:plain

海老ときのこのアヒージョ

うちはもう絶対、どこに行ってもあればアヒージョを頼みます。

アヒージョが旨い店はもうそれだけでポイントアップ(笑)

実はちょっと前に、志木駅の中にあるイタリアンレストランでアヒージョを頼んだら、

これが全然美味しくなくて(なんか水分でちゃって薄まってる?みたいなシャバシャバ感)

以来、志木のアヒージョを警戒してた私たち。

サーブされたアヒージョが随分大きな器に入ってるもんで、一瞬、

「これまた薄めてあってたらどうしよう・・・」

と不安になったのですが、結果とても美味しかった!

バゲットお代わりして余すことなく頂きましたよ。

 

正確な価格は忘れちゃったんですが、バゲット付きでおそらく1000円前後。

都心だともっと小さな器に入ってくるところ、この量です。

ほんと、埼玉で暮らすと都心の価格設定がだんだん理解不能になってきます。

(まぁ結局、おしゃれ感を保つための価格なのかなー。)

 

 

 

f:id:stay-inspired:20170823095251j:plain

ビスマルク

普段の我が家は基本、マルゲリータかクアトロフォルマッジなんですが、

この日の私はなぜかビスマルク気分(そんな気分は初めてでした)。

 

スタッフの女性が持ってきてくれて

「カットしますか?」

と聞いてくれたのでお願いしたら、こんな具合にカットされました。

(カットされる前に写真撮るの忘れたな・・・)

 

具がね、つぶれちゃってますけど、味は美味しかったです。

感動的!とか驚き!みたいなのはないですけれど、奇をてらわず、普通に美味しい。

 

ちなみにMサイズで1000円なんですが、こちらのピザ、テイクアウトもできるようで。

いつも宅配頼むの嫌だし、かといって近所のスーパーでもちょっとなぁと思ってたので、

今度ここでテイクアウトしてみようかなー。

 

 

 

f:id:stay-inspired:20170823100238j:plain

鴨のローストサラダ

小食な夫はもうお腹いっぱいとか言ってたんですけど、

割とポテンシャルの高い私の胃袋はまだまだ。

なので、鴨のローストサラダを頂きました。赤ワイン飲んでましたのでね。

夫は鴨が苦手なので、遠慮なく一人で平らげましたよ。

 

サラダなので、メインのように鴨肉そのものの味わいを楽しむというよりは、

味付けされた鴨肉を楽しむ感じ(意味わかる?(笑))

美味でした。

 

 

 

f:id:stay-inspired:20170823100700j:plain

ペンネアラビアータ

不惑にして、「ペンネ」という言葉を覚えたオットのリクエスト(笑)

こちらもスタッフ女性が

「取り分けますか?」

と聞いてくださったので、お願いしました。

茹で加減もちょうどよく、ソースともいい具合に絡み合ってバッチリでした。

 

以上のお料理と、スパークリング2杯、ビール2杯、ワイン2杯、でお会計8,000円くらい。

 

 

 

お店の雰囲気がすっごくおしゃれってことはないけれど、整頓はされているし、

お店の方の対応も程よく、礼儀正しいし、

お料理も、頂いたものから推測するにどれを頼んでも美味しそうという安心感があるし、

特別な日におしゃれをして、ではなく、

「イタリアンが食べたい。家で作ってもいいけど、一段階美味しいのを。」

という日にまた来たいお店です。

ご近所に一軒あると嬉しい味が確かなイタリアン。でした。

 

ご馳走様でした♡

 

 

 

destino-due.jp

 

 

 

 

 

【ASIAN RESTAURANT TARA @ 志木】舌に馴染む!インド料理

 

川崎に住んでいた頃は、大好きなタイ料理屋さんとネパール料理屋さんがあって、

足しげく通っていたのだけれど、埼玉に越してからなかなかこれらのお店を

見つけられずにいます。

そんな中、Facebookのグループで最近オープンしたアジアンレストラン情報をゲット!

行ける範囲なので早速夫婦で行ってみました。

 

場所は志木駅から徒歩10分ちょっとかな?

慶応志木高校と道路を挟んで向かい側。

ちょっと場所が悪いな…と思っていたら、ご近所の方曰く、

この場所のお店は入れ替わりがそこそこあるそうで。

普通のアパートの1Fがお店になっていて、全部で5テーブルくらいと、

小さなテラス席が1つ。

中に入ると、外国人のスタッフの方が笑顔で迎えてくれます。

どなたも日本語はお上手です。


アジアンレストラン。

というので、ちょっとタイ料理とかも期待していたのですが、基本的にはインドの料理。

カレーを中心に、モモ、シシカバブ、タンドリーチキン、サモサ、などなど。

ちょっと一杯セットや、飲み放題セットなどなどセット商品も豊富。

私たちはカップルセット2,600円を頼んでみました。

 

 

カップルセットのセット内容はこんな感じ↓

 サラダ×2、チキンティッカ×2、タンドリーチキン×1、シシカバブ×1、

 サモサ×1、モモ×2、カレー2種、ライスとナン、デザート×1、ソフトドリンク×2

 

私たちはカレーはライスじゃなくてナンで食べたいので、ナン二つに変更してもらいました。

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143253j:plain

 

サラダ

この上に掛かってるソースが美味しかったー。

なんだろ、胡麻とかナッツみたいな甘みがあるんだけど、

それとスパイスがちゃんとマッチしていて美味しかったです。

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143259j:plain

 

サービスらしいパパド

以前通ってたお店では結構からかったんだけどここは辛くありません。

スナック感覚

これだけで食べてもおいしいけど、ワカモレみたいな感じで食べたいかも。

ビールに合いそうです。

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143306j:plain

 

サモサ

二人でひとつなので、あらかじめ二つに切られた状態でサーブされます。

これ美味しかったなー。

中身はカレー風味の芋です。

ほんのり辛く、でもほんのり芋の甘さがあって、いい感じ!

ケチャップを付けるとどこか洋風の味わいになって美味しかったです。

 

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143311j:plain

 

チキンティッカタンドリーチキンシシカバブ

どれもサイズが小さめで、スパイシーだけど辛みが強くないので美味しい。

実はセット料理を食べた後にわたくし、チキンティッカをお代わりしました(笑)

それくらい美味しかったのです。

ちなみにこの下の野菜は炒められてるんだけどほんのり醤油で味付けしてあるので

日本人にはとても馴染みと安心感がある美味しさです。

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143316j:plain

 

モモ

これは私的には少し残念だったかなー。

皮が多少固くなっていたのと、中のお肉が結構食べやすい味だった・・・。

個人的にはモモは、野性味あふれるスパイシーな仕上がりが好きです。

付け合わせのソースも食べやすい感じ。

夫は気に入ってましたが、私はモモのソースは多少辛い方が好きかなー・・・。

 

 

f:id:stay-inspired:20170815143318j:plain

 

カレーデザート

ナンは、180gとのこと。

 

カレーは甘口、普通、中辛、辛 から辛さを指定できます。

私が頼んだのは緑のサグマトン(ほうれん草とマトンのカレー)。

辛いのが余り得意でないので「甘口」でオーダーしようとしたんだけど、

甘口だと味がなくなっちゃうからマトンなら「普通」以上とのこと。

「普通」って辛いんじゃ・・・と思ったら全然辛くありませんでした。

 

一方夫が頼んだのはバターチキンの「中辛」。

「普通」が辛くないなら、「中辛」もまぁそれほどでも・・・?

と思ったらバッチリ辛かったーーーーーー!(笑)

口に入れた直後はバターの風味もして甘みすら感じるんだけど、

後からチリチリと辛いです。

 

夫曰く、

「普通と中辛の間にもうひとつレベル設定が必要やな」

とのこと。(笑)

確かに。

 

 

 

 

以上のセットに先述の通りチキンティッカを追加注文、

グラスワイン3杯とネパールアイス(ビール)を2本でお会計5,100円。

ほんとね、埼玉の物価って素敵♡

どこで何を食べても東京より1割くらい安い気がします。

 

 

こちらのお店、遠くからわざわざくるほどの名店ではないけれど、

我が家はご近所なのでこれから結構通いそうです。

 

インド・ネパール料理って、そのスパイシーさが時々ほしくなっていく感じだけど、

このお店はスパイシー一辺倒ではなくどこか味が深くて、

ところどころに日本的な要素もあるから味が舌に馴染む感じがします。

「今日はスパイシームードですから!」

つって、テンションがあがった日だけじゃなく、いつものスパイシーとして

ふらりと行っちゃうお店になりそうです。

 

 

ご馳走様でした♡

 

 

 

 


 

まだ出来立てのお店でHPとかも発見できませんでした。。

 

  ■住所:埼玉県志木市本町4-15-5

  ■営業時間:

   月~金
    11:00-15:00
    17:00-22:30(LO)
   土日祝
    11:00-22:30(LO)
   ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

  ■電話:048-487-8864

 

【菊川 @ 西新宿】涼しい顔して頂きたい鰻

 

土用の丑の日はちょっと過ぎた平日水曜日の19時予約でお邪魔してきました。

 

新宿 うなぎ菊川さん。

  

父が事前に予約してくれた際に、一番上の懐石、特選を所望したそうなのですが、

お店の方自ら、

「いや、それは量が多いので、葵にされたほうがよろしいですよ。」

ということで、一汁四菜、うな重、デザートの葵コースを頂きました。

実際、確かにこれでおなか一杯になったので、お店の方のアドバイスは助かりました。

 

菊川といえば、神田きくかわさんが有名だそうですが、こちらのお店はまた別の菊川さん。

西新宿で創業50年のお店です。

新宿駅から少々歩いて、通りを一本入ったところにあります。

喧噪を離れ、周囲にはなんだかよさそうなお店がちらほらあります。

 

暖簾をくぐり中に入ると地下に案内されました。

見た感じ1Fのほうがカジュアル、地下はお座敷もあったりして会食に使えそうな雰囲気。

入ると割烹着を来たお兄さん、おじさんがお茶を持ってきたりオーダーを聞いたり。

女性じゃなく男性がワタワタと案内するのがちょっと庶民的で面白かったです。

 

さて、お食事。

 

 

■お刺身

f:id:stay-inspired:20170807093544j:plain

 

鰻屋さんでお刺身?と思いましたが、これ本当に新鮮で美味しかったです。

こちらのお店は日本酒の取り揃えが少ないのですが、日本酒がいろいろあったら

もう少しお刺身を頂きつつ日本酒を楽しみたいくらい。

 

 

■肝焼き

f:id:stay-inspired:20170807093554j:plain

 

これを見て、「美味しそー!」って思うのは日本人だけかもな。

と思いながら、とても美味しくいただきました。

香ばしくて、ほんのりとした苦みとたれの甘辛が混ざって最高。

余り肝焼きの好きでない母が、美味しい美味しいと平らげてました。

 

 

■うざくと白焼き

f:id:stay-inspired:20170807093603j:plain

 

うざくを食べたのは久しぶりでした。

こういうのを頂いて美味しい、とか言ってるとほんと自分が大人になったなと感じます(笑)

そして大好きな白焼き!

ふっくらとして、とても美味しかった!

 

この後に、お肉を使った小さな一品が来たような気がしたんだけど写真なし。。。

 

 

 

うな重(竹)

f:id:stay-inspired:20170807093610j:plain

 

私たち夫婦が「夏はウナギ!」となったのは、

お付き合い時代に夏になると三島までウナギのためにドライブしていたことが始まり。

三島のウナギといえば、桜屋さんとうなよしさんがあって、一年交代でお邪魔してました。

ふっくらとした鰻と、鰻そのものの味を残す優しく上品なタレの味わいの桜屋さんと、

こってりタレがガツンと夏の暑さに効きそうなインパクトのうなよしさん。

それぞれに良さがありますが、ここ菊川さんのうな重桜屋さんのように

ふっくら上品な味わいでした。

お腹いっぱいになりつつあったけれど、まったく重くないので、

ごはんと一緒にふっくら鰻を存分に満喫しました。

  

最後にこれまた写真はありませんが小さなデザートを頂いて会食は終わり。

 

 

ガッツガッツガッツと、夏に打ち勝つ食べ方ではなく、

夏の暑さなどどこ吹く風、涼しい顔して季節の食事を楽しむ大人の店、

着物なんか着て粋に、またいつか訪れたい鰻屋さんでした。

 

 

ご馳走様でした♡

 

 

 

 

【瞬冷凍deお弁当】ササミのピカタ

 

f:id:stay-inspired:20170801123655j:image

 

相変わらず、お弁当生活は続行中です。

そして瞬冷凍も活用されまくっております。

 

我が家の冷蔵庫「三菱電機 置けちゃうスマート大容量!」の冷凍機能は

瞬冷凍室と冷凍室の二つ。

説明書によれば瞬冷凍は大よそ2週間、

冷凍は大よそ1か月で消費するものの保存が望ましいそうです。

 

我が家では、

 ・メインとなるおかず:瞬冷凍室

 ・副菜:冷凍室

に保存しています。

 

副菜の類は解凍したら別の器に移し替えて冷蔵室保管とし、そこから数日かけて消費。

メインのおかずは当日の朝に瞬冷凍室から取り出してカット

(瞬冷凍だから冷凍状態でもサクッと切れる!)してお弁当に詰めています。

 

今日のお弁当では、

 ・昆布の佃煮、きんぴらごぼう:冷凍保存を解凍したもの

 ・ササミのピカタ:瞬冷凍からお弁当INしたもの

で、その他の茹で卵、ラタトゥイユは昨日調理したのを入れてます。

 

お弁当って、毎晩(私は前日作る派)調理するのが大変っていうのがあったのだけど、

瞬冷凍が登場してからは土日にメインをガサっと作って瞬冷凍庫に入れて、

平日はゆで卵とか卵焼きを作る程度で、あとはひたすら瞬冷凍庫のものを消費していくだけ

っていう、本当に平日夜が楽になりました。

 

で、肝心の味ですが。

ものにもよりますが、やっぱり瞬冷凍しないほうが美味しいってものも結構あります。

 

瞬冷凍って、一回やるのに大体8時間くらいかかります。

そんで説明書によれば、何度やっても大丈夫。とのこと。

なんだけど、複数回やると特に、解凍時に水分が出やすくなる気がします。

水分が染み出るってんじゃなくて、食材がスポンジ的な感じになるっていうの?

噛んだときに多少の水分を感じるなって時があります。

魚よりも肉に、その傾向が顕著に感じられます。あと卵焼き。 

 

なので、魚を中心に、ある程度まとめて瞬冷凍したら、消費し終わるまで瞬冷凍しない。

これが一番いい使い方かな、というのがただいまの私の結論。

 

でもね、弁当を作る手間を考えたら多少の水分なんて私は気にしません。

幸い、うちの夫も細かいことに気づかないタイプなのでうまいうまい言うて食べてますし、

ほんと、買って大正解の冷蔵庫でした♪

 

 

 

【玉寿司 @ 新座】至福の寿司×フレンチ

 

こんな、世にも素敵な会にお呼ばれして来ました♡

 

 

f:id:stay-inspired:20170801081204j:image

 

場所は新座の玉寿司さん。

私は初めてお伺いしたのですが、秋津界隈の友人の間で最近贔屓にしている人が多く、

SNSで羨ましく美食談を見てたんですが、ついにわたしも!行けました!

 

いつもはお寿司だけですが、この日は先日惜しまれながら閉店した秋津BAL NO NAMEのシェフ中村さんがコラボした予約限定の至福のお品書き!

 

 

f:id:stay-inspired:20170801081633j:image

 

はい、いきますよー。

 

 

 

■ボタン海老の昆布〆 海老風味のコンソメジュレ

f:id:stay-inspired:20170801081654j:image

 

これ、海老の味がやさしくしっかり出ていて本当に美味しかった!

最初からこれだもの!とみんなの期待が高まるったらなかったです。

そして、その期待は裏切られませんでした。

 

 

 

■稚鮎のフリット メロンと胡瓜のスープ

f:id:stay-inspired:20170801081758j:image

 

このキュウリとメロンのスープは稚鮎をディップしても、そのまま飲んでもOKとのこと。

両方してみたら、それぞれ味がちがった美味しさ!

ディップした時は稚鮎の苦味と、どちらかといえばキュウリの味が強めに感じられるけど

スープだけを飲んだ場合はメロンの甘みがグーンと出てこれも美味でした。

 

 

 

■神戸牛のタルタルと雲丹の軍艦

f:id:stay-inspired:20170801082418j:image

 

大好きな生肉と大好きなウニ!

ちょっとお急ぎ感がでちゃって軍艦の海苔がよれちゃってるのが残念だけど、

味は至福でした。

 

 

 

■玉寿司特性卵焼き サマートリュフの黄金餡かけ

 f:id:stay-inspired:20170801115044j:image

 

ここまで、日本酒を飲みながら頂いていたのだけれど、

この一品が出て香りを嗅いだ途端に皆のお箸がちょっと止まり、

「ワイン・・・」

とつぶやきだす。(笑)

ワインが出てくるまでの間、待ちきれない面々は一口だけ日本酒と一緒に頂き

(それもとっても美味しかった!)、

待ちに待ったワインがでたら、一口一口満喫して、

最後はトリュフソースをぐいっと飲み干しました。

むはー、最高。

 

 

 

■酒蒸し黒アワビの肝ソース

f:id:stay-inspired:20170801115051j:image

 

あわびーーーーー!

こんな肉厚なの、贅沢すぎて一口じゃ食べられず、数口に分けて大切に頂きました(笑)

写真を何とかうまくとろうとちょっと傾斜付けたらソースが流れちゃったけど、

本当はもっときれいにかかってます。

 

 

 

■煮穴子とフォアグラのソテー 大根添えツメで

f:id:stay-inspired:20170801115057j:image

 

アナゴとフォアグラ!こってりソースで!

これねー、本当に美味しかった。

私実はフォアグラが苦手(食べるのは好きなんだけど体質が合わずにそのあと戻してしまう)

なんだけど、それをすっかり忘れて、あー幸せすぎるーーーー!つって食べました。

ほんで帰宅後4時間くらいかな?今回も戻しちゃったんだけど、もしまた機会があるとしたら

やっぱり食べたいです。

 

 

 

江戸前 旬にぎり

f:id:stay-inspired:20170801115110j:image

 

お寿司!

玉寿司さんは、カウンタ席とお座敷席、テーブル席がありまして。

カウンタのところにかかってるお品書きを見る限り、そこまで高いってこともない価格帯。

私だって来れそうな・・・。

というわけで後日、ちーたんと二人でしっぽり大人っぽく飲んでみようよ!

ってことで再訪を約束しました。

 

 

 

■桃のコンポート

f:id:stay-inspired:20170801115117j:image

 

普段、桃もデザートもさほど好きではない私なんですが、美味しかったー

酔ってるのも手伝って、ズゴゴゴーーーーって勢いで食べたのが後悔。

もっと大切に上品に頂けばよかった!

 

 

そんなこんな、この日限りのコースは8,500円でした。

お酒もたんまり飲んだので、一人16,000円くらいだったかな?

私には贅沢だったけど、中村シェフのお料理とお寿司のためならお安いもの。

またこんなコラボ、あったら是非行きたいです♡

 

 

 

 

www.tama-zushi.net

 

女将さんがブログを書いてらっしゃいます。

最初、女将さんとは気づかないくらい、若くて美人!

ダンサーとか、歌手とか、そんな感じの華やか美人さんでした。

 

 

 

【そば処 大むら@秩父】わらじカツ丼

 

この度、秩父札所巡り始めました。

 

私たち夫婦、実は「水曜どうでしょう」の大ファンで、

その中の企画「四国八十八カ所」を見て以来、

ちょっと札所というものに興味があったわけです。

で、この春秩父へ初めて行ってみたらばそこに札所があることを知ったので、

それならば、と始めてみました。

 

f:id:stay-inspired:20170717215336j:image

 

 

秩父の札所は全34。

秩父三十四カ所専用の御朱印帳というのがありまして、私たちも1番札所の四萬部寺

入手しました。

この御朱印帳、和紙でつづられていて各札所のページが予め設けられている上に、

それぞれのお寺さんのご詠歌も書かれていてとても雰囲気がある。

 

で、早速この日は、1番、3番、4番、5番、6番、を巡礼。

(2番は山の上にあって車の通行が厳しく、かといって歩くには暑すぎるのでまた今度)

 

6番札所を巡礼したところで12時に。

12時から12時半は、どこのお寺もお昼時間ということなので、

とにかく暑いし道も狭いのでこの日はこれでおしまいにして、私たちもお昼に。

 やはり秩父グルメを!ということで、前回のくるみ蕎麦に続いて、

今回はわらじカツをターゲットに。

例によって下調べのたりない我が家。

とりあえず目抜き通りを車で走りながらグーグルに相談したところ、

通り沿いの「そば処大むら」さんが地元の方もおすすめのお店ということだったので、

入ってみました。

 

tabelog.com

 

雰囲気のあるお店の中は、家族連れでいっぱい。

私たちが着席した後、どどーっとお客さんが入ってしばらく待ち行列が。

ちょっとラッキーだったな。

 

で。

お店の人気No.1メニュー「わらじカツ丼ともりそばのセット1,250円」を頂きました。

 

どーん。

 

f:id:stay-inspired:20170717215745j:image

 

わらじカツって、わらじみたいに大きいからそう呼ぶかと思ったら、

二枚ひと組だからわらじだそうで、丼にもカツが二枚入ってます。

 

肉は薄めだけど脂身少なめで噛み応えあり、

カツにしっかりついた衣と、下のご飯にソースがたっぷり染みてます。

このソースが甘いんだけどとてもあっさりしたソースなので、

こんな見た目なのにぺろっといけて、胃もたれなんてまったくなし!

食べ終わってちょっと驚くくらいぺろっといけて美味いカツでした。

一緒に出てきたお蕎麦はくるみ蕎麦を期待したけど普通のお蕎麦。

普通に美味しいけど、知ってしまった以上、秩父ならやはりくるみ蕎麦を食べたかったなぁ!

というのが少し残念だったけど、わらじカツ丼は本当に美味しかったのでオススメです。

 

 

そして帰り道、寺尾あたりで駐車場が満車の蕎麦屋を発見。 

早速調べてみたら「本格手打そば 本家 原」というお店でした。

 

うーむ。気になりすぎる、秩父グルメ。

札所と秩父グルメ巡礼。

しばし楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

【LOCO HOUSE @ 志木】ハンバーグランチ

 

随分と、随分と、ご無沙汰しておりましたが、元気です。

 

 

 

会社の同僚のお義父様(70代)が、志木の本町通りを車で走る機会があって、

その途中でふと見つけたステーキ屋が美味しそうだったから入ってみたら、

本当に美味しかった、というので後日同僚を連れて行ってくれたそうです。

んで、事実旨かった。と。

 

本町通りと言えば近いじゃないか!

ってことで、我々夫婦も連れだって行って参りました、LOCO HOUSE

 

r.gnavi.co.jp

 

 

本町1丁目の交差点を過ぎてすぐの右手にある小さなお店。

一応のぼりは出ていたりするものの、車で走ってて見つけて入るには小ぢんまり、

という感じで、70代のお義父様の行動力と好奇心にまず驚き。

 

入ってみるとなかなか年季の入った喫茶店のような雰囲気。

 

入って左手にガラス窓の厨房があって、鉄板でジュージューとお肉を焼いてました。

私たちはランチでお邪魔したのだけれど、夜22時過ぎまでやっていて、

ワインリストなんかも置いてあったし、

奥には8~10名は座れそうな座敷席もあったので、

団体でのごはんなどなど、使い勝手の良いお店のようです。

 

ステーキ専門店。

というならばステーキ食べるべきところなんでしょうが、ランチ人気No.1というので

ハンバーグランチをオーダー。

 

まずはサラダと、スープが来ます。

 

f:id:stay-inspired:20170626094759j:plain

 

f:id:stay-inspired:20170626094810j:plain

 

このお店のハンバーグはビーフ100%の手作り。

さらに手作りの無添加ソースをかけていただくのですが、

料理がサーブされる前にお店の方が来て、

「そろそろ来ますので、ナプキンご用意ください。」

とおっしゃいます。

 

テーブルの紙ナプキンを広げて待っていると、

アツアツの鉄板の上に載せられたハンバーグがやってきて、

お店の方が、手作りソースをジャーっとかけてくれます。

そしたら、広げた紙ナプキンをファサッとハンバーグの上に載せちゃいます。

 

f:id:stay-inspired:20170626094918j:plain

 

ジュージューと肉汁とソースが跳ねて交じり合う音と香りがしばし。

やがて音が落ち着いたらナプキンを外して、い具合に蒸されたハンバーグとご対面。

 

f:id:stay-inspired:20170626095010j:plain

 

どーーーーん。

よっ、待ってましたーーー。

 

ハンバーグランチは、160gと230gがあって、これは230g。

ほんと美味しくてペロリと行けます。

このソースがまた良くて、販売しているのでちょっとほしくなったくらい。

 

あとライス(もしくはパン)がついて890円というのはどうでしょう、

お得じゃないですか?

こんだけ美味しくてお手頃なら、これからちょくちょくランチで利用したいなー。

ステーキ屋さんだけど、ハンバーグ美味しかったから、しばらくハンバーグを

リピートしちゃいそうだけど・・・。

 

 

ごちそうさまでした!!